2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« NHKスペシャル セーフティーネット・クライシスII  非正規労働者を守れるか | トップページ | マスメディアの問題点や市民メディアの役割について考えるシンポジウム »

2008年12月12日 (金)

本当の社会保障費と公共事業費

 「 政治は「非正社員切り」に迅速対応を 」 (JANJAN 12/8)

に非常に興味深い数字がありました。

以下、一部抜粋

製造業の年間労働時間(2003年)
日本:      1975時間
※総務省の調査では、サービス残業も加えると2273時間

アメリカ: 1927時間
イギリス:  1888時間
ドイツ:     1525時間
フランス:  1538時間

社会保障費 < OECDの社会保障給付費調査(対GDP比) >
イギリス:  22.4%
ドイツは:  28.8%
フランス:  28.5%
アメリカ:  15.2%
日本:      17.5%

公共事業費
日本は6兆7000億円で、
これはイギリス、アメリカ、フランス、ドイツの公共事業費を合わせたよりも多い。

« NHKスペシャル セーフティーネット・クライシスII  非正規労働者を守れるか | トップページ | マスメディアの問題点や市民メディアの役割について考えるシンポジウム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135635/26139090

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の社会保障費と公共事業費:

« NHKスペシャル セーフティーネット・クライシスII  非正規労働者を守れるか | トップページ | マスメディアの問題点や市民メディアの役割について考えるシンポジウム »

最近のトラックバック