2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2021年12月 9日 (木)

第33回コミュニティユニオン全国交流集会・静岡

Dscn0064 Dscn0068 Dscn0030

12月4日、5日、静岡県立大学で第33回コミュニティユニオン全国交流集会が開かれた

笹沼弘志静雄岡大学教授の「コロナと憲法」のメインテーマや、12分科会での討議など

熱い学習が行われた

参加者は、330名あまり

来年は、10月に札幌でひらかれる

参加者の皆様、おつかれさまでした

2021年9月13日 (月)

さくら眼科訴訟 第一回弁論準備

本日さくら眼科パワハラ裁判がありました。

相変わらずパワハラ加害者である院長・主任補佐は代理人に丸投げ。

原告組合員は

①退職強要

②医師国保強制加入

③中退共の差別的加入

④駐車場代の搾取

⑤学会参加費に対する差別的扱い

⑥パワーハラスメント

⑦精神疾患の発症

これら①から⑦に対する損害賠償を求める。

次回の裁判は10月28日(木)13時30分から。

 

Photo_20210913115101

2021年9月10日 (金)

さくら眼科パワハラ、退職強要裁判はじまる

ダウンロード - e8a381e588a4e38393e383a9.pdf

さくら眼科第一回裁判傍聴よびかけビラです

今日、眼科周辺にまきつくされました

裁判は

9月13日(月)10時30分より 静岡地裁

です

被告代理人からの準備書面も出てきた、✖✖があるか、どうか、わからんけど。

さぁ、スタートだ、気合いだ、気合いだ

みんなおいでよ 裁判所

 

2021年7月11日 (日)

ブラジル人派遣労働者の闘い、続く

6月17日、菊川市「アエル」で、T社(浜松)との団体交渉

ブラジル人派遣労働者Lさんにたいするマタハラ解雇

団交開始後まもなく解雇を撤回

同月24日には、静岡市「S」で、I社(藤枝)との団体交渉

ブラジル人派遣労働者Rさんに対する、「通勤災害」をきっかけにした解雇

会社は、「勤務不良」などを理由に解雇の正当性を主張

解雇を撤回

7月14日には、派遣会社「S」(沼津)15日には派遣会社「F」(浜松)との闘い

ブラジル人派遣労働者の闘いが続く

 

愛知陸運等損害賠償請求等訴訟始まる

7月12日(月)午後、愛知陸運損害賠償請求等訴訟が始まった

7月12日、午後、静岡地裁で第一回愛知陸運等損害賠償等請求裁判が始まった。

当日は、暴行等損害賠償責任などを問われた見城運輸代理人が出席、さらにパワハラ

不当配転強要責任なども問われている愛知陸運は、欠席

愛知陸運は、今後、オンラインでの参加予定だという

本気度が疑われる

ユニオン側代理人、鶴岡弁護士が、今後の傍聴を認めるように主張

裁判官は一部認めた

ユニオン側は7名が出席

当事者Y組合員は、完全勝利まで一切の妥協を許さず、最後まで闘い抜くことを

決意表明した。

画像は、5日に行われた記者会見

Photo_20210711035401 Photo_20210711035401 Photo_20210711035401

   

2021年5月12日 (水)

(有)カネマス労災損害賠償請求第2次訴訟和解成立

(有)カネマス(水産加工工場)で働いていた日系ブラジル人労働者2名が、マグロ切断加工中に手指を切傷し、労災認定を経て損害賠償を求めていた事件

 5月6日、静岡地裁で和解が成立し、一定の和解金がし払われました。カネマスでは、同様の損害賠償裁判が起きたのは、今回で2度目。まさしく、カネマスは、労災企業。

2021年4月以来、一年余りの闘い、ごくろうさまでした。

静岡ふれあいユニオンは、これからも在日外国人労働者への支援、交流を強めていきます

 

2021年5月 3日 (月)

第92回静岡県中部地区メーデー開かれる

Photo_20210503091401

1日、静岡県中部地区メーデーが開かれました

 昨年は、人災コロナで中止

 今年は、集会のみ、駅南の森下公園で開かれました

 110名が参加

 SFUも、頑張りました

 11名が参加し、4件の闘いの報告をし、集会終了後は、独自昼食交流会を実現しました

2021年4月11日 (日)

第92回静岡県中部地区メーデー

Photo_20210411125201

メーデーはやっぱり5月1日でなくっちゃ

昨年は、コロナの猛威で中止

今年もコロナが心配

場合によっては中止もありうる

連絡は電話054-292-41321へ

コロナに負けない 対話集会

Photo_20210411122701 Photo_20210411122801

4月10日、静岡市内で「コロナに負けない 対話集会」が開かれました

植松弁護士の講演の後、現場報告が行われ、静岡ふれあいユニオン亀田組合員(画像)からの

コロナ禍で闘うブラジル人労働者からの報告がありました。

集会では、ブラジル人労働者との連帯が呼びかけられました

2021年3月14日 (日)

CUNN全国交流集会・静岡 第3回実行委員会開く

3

3月13日、静岡市内で第3回実行委員会が開かれた

13名が出席

12月4、5日開催、県立大での開催を確認

集会テーマ、分科会など今後の課題を提起

実行委員会の後は、交流会を開催

CUNN岡本事務局長からコロナ禍の全国情勢

名古屋ふれあいユニオン浅野さんから東海ネットの紹介

各ユニオンからの報告が行われた

 

2021年3月 7日 (日)

静岡ふれあいユニオンは、外国人差別を許さない

Photo_20210307140301

先々週来、日系ブラジル人たちからの相談が相次いでいる

一件は水産加工労働者の労災だ

2018年にマグロ加工中に左指切断、2019年に冷凍重症マグロが落下し大けが

同年には、右手親指切断

冷凍マグロ落下について、会は労災申請すらしていない

さらに一件は、妊娠を理由とした労働契約更新拒否だ

日本人労働者に対しては見られないこれらの実態は

労働者が日本の法律を知らない日系人だからこそ

会社が好き勝手なことをする

静岡ふれあいユニオンは、外国人差別を許さない

この闘いは、続報する

 

 

 

 

2021年2月21日 (日)

第34回定期大会開かれる

Dai34kaiktekitaikai

第34回定期大会が静岡市内で開かれた

出席者は、25名

全国集会成功、すべての労働相談勝利に道を切り開いた。

CUNN全国交流集会・静岡 日程、会場きまる

Photo_20210221132302 Photo_20210221132301

CUNN全国交流集会・静岡の

日程は

12月4日(土)13時よりから5日(日)

会場は

静岡県立大がに決まった。

2021年1月31日 (日)

東海ネットこうりゅうかi コミュニティユニオン東海ネット交流会

1月30日、名古屋市内で東海4県(岐阜、愛知、三重、静岡)のコミュニティユニオンが参加して、交流会が開けれました

会場参加約20名10ユニオン、ズーム参加10名5ユニオンでした。

今年12月4,5日に静岡で開かれる「コミュニティユニオン全国集会」への準備支援などが決議されました

静岡からは、小澤、渡辺が参加し、渡辺からは、「さくら眼科」の労働実態、闘争報告も行われ、共感を呼びました2021

2021年1月27日 (水)

第34回静岡ふれあいユニオン定期大会は

2月20日(土)14時より

アイセル21(静岡市葵区東草深町)

で行われます

コロナ対策はしっかり行います

みなさん、参加ください

«できることを、できることから始めよう(湯浅誠さん)

最近のトラックバック