2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

2022年12月 1日 (木)

静岡県中部地区労働組合会議第31回定期大会開かれる

20221130_1859142

11月30日、静岡市内で静岡県中部地区労第31回定期大会が開かれた。

静岡ふれあいユニオンの諸行動を支援する静岡地域の労働組合が結集する

共闘組織が、静岡県中部地区労働組合会議だ。

未組織労働者の組織化、労働相談活動の推進、安保、沖縄、リニアなど政治的諸課題などの取り組む

共闘組織だ。

来年春には、結成30周年記念行事も予定されている。

本大会では、(株)GBJ(川崎市)(株)あらしおな(静岡市)などで、不当解雇、組合つぶしと闘う

本組合員が、支援の訴えを行った。

 

2022年11月27日 (日)

裁判傍聴支援を!

1

12月1日(木)富士宮社協不当降格・配転裁判 弁論準備 第4回期日 14時より

       14時より 静岡地裁

12月7日 (水)さくら眼科退職強要・パワハラ差別裁判 証人尋問 W組合員、M病院長に対する主尋問、反対尋問

       13時30分より 静岡地裁

上記画像は、SFUよりCUNNに贈られたCUNN旗

2022年9月18日 (日)

対富士宮社協第4回団体交渉

 

Photo_20220918120701

9月15日(木)、富士宮駅前交流センター「きらら」で、第4回対富士宮社協団体交渉が行われました。

「安全衛生問題」「パワハラ非認定問題」「休職規定問題」「就業規則改正手続き問題」などが

交渉されました。

裁判だけでなく、現実に起こる問題についても、こうして分会(富士宮社協分会)を組織して、

その解決のために闘い続けています。

2022年9月 6日 (火)

労働相談キャンペーン展開される

Photo_20220906143401

9月4日、まだまだ暑さが残るなか、静市繁華街にて

静岡県ユニオンネットワーク、静岡県共闘のなかまたちによって

労働相談キャンペーンが展開された

この様子は、地元「静岡新聞」にも報道された

 

2022年8月12日 (金)

改「正」民事訴訟法学習会開かれる

It

8月6日、静岡市内で改「正」民事訴訟法学習会が開かれた。

学習会は、まづ静岡県内ユニオンから、現在取り組む裁判の報告がなされ、

植松弁護士からこの法律の概略の説明があった。

そののち、質疑応答がおこなわれた。

裁判の迅速化、効率化を目指すこの法律によって

憲法第82条で保障する裁判公開の原則が侵害されること、組合運動としての

傍聴行動が制限されることなどの恐れがあるという意見が出された。

施行されていないにもかかわらず、この法律を先取する動きも見られ

私たちは、注視していかなければならない。

2022年7月30日 (土)

富士宮社協配転損害賠償裁判始まる

7月26日()、静岡地方裁判所において「静岡ふれあいユニオン」組合員3名が、富士宮社会福祉協議会を相手に、配置転換に伴う「損害賠償請求訴訟」の第一回口頭弁論期日が行われた。大雨でコロナが感染再拡大する中、傍聴人も20名ほど参加し、関心の高さが伺えました。別室での植松弁護士の報告の際には、応援に駆けつけてくれた地元支援者からの温かい声援を頂きました。「3名の仕事ぶりは、とても真面目だったのに…」「処分の真実を明らかにしてほしい!」など様々な声が上がり、とても強い励みになりました。

午後3時から県庁社会部で、記者会見が行われました。組合員の一人が心境を話したとき、私たちは改めて事態の深刻さを理解し、裁判闘争に勝利するぞ!という気持ちを固めました。

 

2022年7月26日 (火)

東海ネットワーク合宿開かれる

静岡ふれあいユニオンが参加する「コミュニティ・ユニオン東海ネットワーク」の夏季合宿が

三重県津市で開かれた。14団体40余名が参加した。写真は挨拶する浅野事務局長。

第一日は、参加ユニオンそれぞれの報告を受け、3グループに分けての討論が行われた。

その一つが、「後継者問題」。全国のユニオンが共通して悩んである問題。

なかなか、一挙には解決しない問題であるが、各ユニオンの問題解決のための取り組みが紹介された。

第2日は、岐阜一般労組会長の本間高道しによる、中小企業労組の運動についての話があった。

そののち、ユニオン三重委員長、東海ネット代表で会った広岡さん亡き後の、役員体制について

論議がされた。

その結果、新代表にはユニオン三重の柴田さん、事務局長には、名古屋ふれあいユニオンの浅野さん(留任)

副代表には、岐阜一般の徳重さん、静岡ふれあいユニオンの小澤が新任した。

柴田代表は、東海ネットを、20220723 「活動しやすい環境つくり」「参加ユニオンが互いに助け合う」「社会的労働運動を担う」

ネットワークにしたいとの挨拶があった。

 

2022年7月 4日 (月)

6・25 電話労働相談 6・27 労働局交渉



静岡県共闘、中部地区労、静岡ふれあいユニオンが参加する静岡県ユニオンネットワークは、

6月25日(土)、静岡市の繁華街にある青葉公園で、猛暑の中「コロナ電話労働相談」をおこなった。(画像右)

コロナ解雇で苦しむ労働者、シフト減で生活に苦しむバイト、パート労働者たちに相談を呼び掛けた

あわせて、最低賃金いますぐ1500円を呼び掛けるとともに、7月10日、参議院議員選挙への投票も呼び掛けた。

ついで、6月27日には、労働局交渉が行われ、最低賃金引き上げを強く求めた。(画像左)

2022年6月15日 (水)

技能実習生制度廃止を求めて 富士宮社協第2回団体交渉

Photo_20220615160701 

6月7日、技能実習生制度廃止を求めて、キャンペーンを張りました

富士宮社協の第2回団体交渉は、6月27日18時より富士宮市内で開催されます

それに先立ち、6月13日、従業員代表選挙に関する告発を富士労働基準監督署にたいしておこないました。

2022年5月30日 (月)

富士宮社会福祉協議会との団体交渉開催ルールをめぐって

富士宮社会福祉協議会(富士宮市宮原7番地の1 富士宮市総合福祉会館内 電話 0544-22-0294 FAX 0544-22-0753)との団体交渉開催ルールをめぐって

5月18日、静岡県労働委員会にて「あっせん」が開かれました。

一つ目の争点である「団体交渉の時間」は、社協の主張である1時間ではなく、ユニオンの主張とおり2時間とされ

2つ目の争点である「団体交渉出席者」は、社協の主張である3名でなく、ユニオンの主張とおり5名とされました

ユニオンのあたりまえの主張が当たり前に認められたところですが、実際の団体交渉で、社協が誠実に交渉するかどうかは、不明です。

 

2022年5月18日 (水)

第93回静岡県メーデー開く

 

 

5月1日、雨が心配される中、静岡市駿河区森下公園に

約120名の仲間が集い、第93回静岡県メーデーが開かれた。

鈴木静岡県共闘会議議長のあいさつに始まり、袴田巌さんのお姉さん、秀子さんのあいさつなどを

受けながら、SFUの闘うアッピールが行われた(画像)。

集会終了後は、静岡貴南口に向けて雨の中のデモを敢行した。

2022年3月28日 (月)

3・26行動 最低賃金今こそ1500円に

Photo_20220328161601 Photo_20220328161501

3月26日午前、静岡駅駅地下で「最低賃金引上げキャンペーン」が展開された。

16名が参加し、約一時間の行動で、ビラ300枚配布、署名26筆が獲得された

春闘賃上げ闘争を進めるためにも、最賃引上げの取り組みは、重要だ

今後も取り組みは、続く

2022年3月 4日 (金)

関西生コン労組への弾圧を許さない静岡の会 3・26集会に参加しよう

Img030

2022年2月27日 (日)

富士宮市社協団交開催条件をめぐる争議 あっせん申請

2月21日(月)、静岡ふれあいユニオンは、静岡県労働員会に対して、富士宮社協との労働争議について

あっせん申請した。

争点は、団体交渉開催の入口である、「団体交渉の時間、場所、参加者」である。

社協は、時間は一時間、場所は社協、組合側参加者2名の拒否、

SFUは、時間は2時間、場所は双方中間地である富士市、参加者に対する支配介入の謝罪

を主張している。

富士宮社協をめぐっては、当該3名の組合員に対する損害賠償裁判も予定されている。

2022年1月18日 (火)

今年も頑張る 

今年も、がんばる!!

裁判予定

 2月3日(木)10時30分より さくら眼科パワハラ損害賠償等請求事件第4回弁論準備

    7日(月)11時より   パワハラ、第3者行為損害賠償等請求事件第4回弁論準備

    8日(火)15時より   不当配転損害賠償等請求事件

団体交渉等案件

  大藤機工(浜松)労災補償審査請求事件

  カーテック(御殿場)コロナ休業補償請求事件

  サンコーコーポレーション同一労働同一賃金請求事件

2月に予定されていた静岡ふれあいユニオン定期大会は、コロナ禍によって延期となりました。

«第33回コミュニティユニオン全国交流集会・静岡

最近のトラックバック